close

AMBASSADORS

AMBASSADORS

Ambassador Profile
奥井 隆史
Takashi Okui
1968年東京都生まれ
1992年日本写真芸術専門学校卒業後、スポーツフォトエージェンシー「フォート・キシモト」に在籍1996年よりフリーランス陸上競技を中心にアウトドアスポーツやスポーツフィッシングを含め様々なスポーツを撮影。
AJPS(日本スポーツプレス協会)
AIPS(国際スポーツプレス協会)会員。

私は陸上競技を中心に、水泳、体操、柔道、卓球といった、いわゆる競技スポーツとSports Fishing(魚釣り)の撮影を主にしています。

撮影内容が違えば機材の種類や量は当然違います。ショートズーム1セットで済む場合もあれば、ボディ5-6台に400mmF2.8等の大口径望遠レンズも含め、レンズ 10本以上という時もあります。

一口にスポーツといっても被写体まで近い競技もあれば遠い競技もあり、また何を狙うかによって装備は変わってきます。現場までは車なのか、電車なのか、飛行機なのか、それらの組み合わせなのかと移動手段も違う上に、泊まりか日帰りか、国内なのか海外なのか、と日々状況、環境が異なります。

釣りの現場は足場の悪いところも多く、海や川に入ったり、ボートに乗ったりと様々な状況に出くわします。今までに様々なカメラバッグを使ってきましたが、そんな違いの全てに対応できるバッグは「thinkTANKphoto」を除いて他にありません。多種多様な現場に対応できる様々なバッグが揃っています。私は通常はローリングケースとバックパックをメインに使用しています。車移動のメインバッグは「AirportSecurity」、万能選手の「Airport International」、とにかく荷物を軽くしたい時の「Airport Advantage」、人混みを歩く時には「Airport RollerDerby」の機動力が欠かせません。

また、山道を歩くときやヨーロッパのように石畳が続く街では「StreetWalker」や「AirportCommuter」といったバックパック類が欠かせません。現場ではベルトシステムやショルダーバッグ類を使い分けています。一つのバッグしか無ければ撮影が出来ないと言う事はありませんが、複数のバッグを使い分けることでより快適に撮影できるのは間違いありません。

「thinkTANKphoto」と言えばローリングケースかバックパックシリーズという印象が強いと思いますが、便利なアクセサリー類が豊富に揃っているのも特徴です。

中でも一番の名作は「Hydrophobia」ではないでしょうか。屋外での撮影が多い身としては非常に助かっています。極力、撮影の邪魔をせず、機材を雨からしっかりと守ってくれます。V3.0となり、気密性も増し、新しく 24-70mm用とミラーレスカメラバージョン(24-70mm、70-200mm用)も加わりました。

また、新たに加わったのが「Emergency Rain Cover」。雨は降らないだろうと「Hydrophobia」を持ち出さない時に限って雨は降るものです。常にバッグに入れておいても気にならない軽さが嬉しいです。両方を使い分ける事で雨の日も快適に撮影ができます。

様々なバッグを使い分けることで注意することが一つ、それは忘れ物…。絶対に忘れてはならないブロアーや予備バッテリー、万が一の時に必要となるビニール袋、テープ、工具類は「Stuff It! V3.0」に入れ、ポーチごと入れ替える事で忘れ物を防いでいます。デジタルカメラで撮影する際の必需品であるカードリーダーや ACアダプター、外付け HDD、延長コードといった周辺機器は「Cable Management 20 V2.0」にまとめて整理し持ち歩いています。使い勝手の良いケーブルマネージメントシリーズは身の回りの小物入れとしても使っています。個々の撮影スタイルに合わせ、様々なバッグやアクセサリーを効果的に使い分け、撮影を快適に楽しんでください。