close

AMBASSADORS

AMBASSADORS

Ambassador Profile
ルーク・オザワ
LUKE H. OZAWA
1959 年 東京都生まれ
旅客機撮影の第一人者。風景とヒコーキをシンクロした絵づくりに定評がある。これまで手掛けたヒコーキカレンダーは300 作を超える。
2016 年全国カレンダー展で文部科学大臣賞受賞。「見る」「聞く」「乗る」「集める」そして「撮る」とヒコーキ三昧のライフスタイルである。

 僕のメインバッグは「エアポートナビゲーター」。これまでカメラバッグ選びは永遠のテーマでしたがこのバッグに出会い、僕にとっては最終形となりました。それほどこのバッグに惚れ込んでいます。理由は僕のフィールドは空港だから。空港の展望デッキで撮ることもあれば勿論飛行機に搭乗して撮ることもあります。どちらもこのバッグで出動です。広大な空港ターミナル内をまるでパイロット気分で闊歩し、撮影へ入る気持ちを高めます。

 また、このバッグ、意外と機材が収納できます。僕の場合、標準ズームレンズ付きと望遠ズームレンズ付きのボディ2セットと広角系等のレンズ2~3本を収納して、いざ空港へ。出発時刻よりも早めに向かい、まずは展望デッキでちょっと撮影します。
この時、着いた瞬間にすでにセットしている機材を取り出し、チャンスを逃さずにシューティングできます。着いてからバッグを寝かせ、ボディとレンズを装着していたら、その時間にターゲットは行ってしまうかもしれません。機動性は抜群です。その後、出発ゲートまで転がし機内に搭乗。ボーイング737型機以上なら問題なく頭上に収納可能です。

 そして現地に着き、再び展望デッキまで転がし今搭乗してきた機体の折り返し便を狙います。その時も、時間ぎりぎりでもすでに機材をセットしているので、瞬時に対応可能です。また外側の内ポケットにはノートパソコンが収納できます。急ぎのデータのやり取りなどには別のバッグで持ち運びせずに、この「エアポートナビゲーター」に収納できます。地方での撮影の合間に原稿を書くときにも非常に役に立ちます。僕にとってこれ以上のバッグは無いでしょう。